ベトナム投信・etf

700以上の企業から厳選した銘柄に投資していると評判の「ベトナム株式ファンド」の運用成績・見通しを評価!

700以上の企業から厳選した銘柄に投資していると評判の「ベトナム株式ファンド」の運用成績・見通しを評価!

資産運用を考えている人の中にはまだまだ経済成長が見込まれる、

「ベトナム」への投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

 

ベトナムへの投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託がお手軽ですよね。

ベトナムと言えば、東南アジアの成長株として注目の新興国です。

 

ベトナムの国自体については以下の記事で論じています。

ベトナムの株式市場は魅力的だが投資すべき?投資手法も含めてお伝えする。

 

また前回代表的なベトナム投資信託である、

ベトナム成長株インカムファンド、

DIAMベトナム株式ファンドや、

ベトナムの市場平均に連動することを目的として組成されたETFの問題点について言及していきました。

ベトナム投信・etf

 

今回も、投資信託を購入する場合、つまり企業の運用の「プロ」に任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

 

この記事ではその投資信託でベトナム株を組み入れている「ベトナム株式ファンド 」の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

 

ベトナム株式ファンド - 概要と運用方針 –

ベトナム株式ファンドは海外アジアの株式を運用するファンドです。

ベトナム株式ファンドの方針は交付目論見書より引用します。

 

(1)主としてベトナムの取引所に上場している株式、および世界各国・地域の取引所に上場しているベトナム企業の株式等に投資し、信託財産の成長を目指して 運用を行います。

■事業展開や収益構造等から実質的にベトナム企業と考えられる他の国籍企業の株式にも投資することがあります。

■ベトナムの取引所に上場している株式への投資は、当該株式の値動きに連動する有価証券を通じて行うこともあります。

■実際の運用は、ベトナム株マザーファンドを通じて行います。

(2)銘柄選定にあたっては、成長性、財務健全性および流動性等に配慮し、厳選投資します。

(3)外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

 

ベトナム取引所の上場企業、実質的にベトナム企業と考えられる企業に投資し運用していく方針ですね。

ベトナム株式ファンドは「ファミリーファンド」とされていますが具体的なファンドの仕組みは以下のようになっています。

 

ベトナム株式ファンドは「ファミリーファンド」とされています

 

シンプルに投資家はベトナム株式ファンドを購入し、その先のマザーファンドがベトナム株で運用をするということですね。

以下は運用プロセスとなります。

 

運用プロセス

 

 

700ほどの投資銘柄から1/10まで絞り込み、さらに精査していくという形ですね。

コーポレートガバナンスの評価もしっかり実施しています。

新興国では特にこの点は企業成長に不可欠ですよね。

 

以下は直近2019年9月末時点でのベトナム株式ファンドの構成上位比率です。

 

ベトナム株式ファンドの構成上位比率

 

組み入れ比率も「衣」「食」「住」を支える食品、飲料、不動産の比率と金融の比率が高くなっています。

今後の経済成長を取り込む意志が見えてきますね。

 

では、ベトナム株式ファンドの実際の運用状況はどうなっているのでしょうか。

以下ではその点を見ていきます。

 

ベトナム株式ファンド の運用成績・パフォーマンス

 

ベトナム株式ファンドにはベンチマークはありませんので基準価額とトータルリターンから運用成績を見ていきましょう。

まずは基準価額ですが基準価額とはどのようなものか正確に思い出せない人は以下の解説記事を参考にしてみてくださいね。

 

投資初心者必見・投資信託の基準価額を徹底解説 買い時はいつか?

 

以下はベトナム株式ファンドの基準価額の過去推移です。

 

ベトナム株式ファンドの基準価額の過去推移

http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=2010070105

 

 

2010年7月に設定して以来、9,761円で開始した基準価額は2019年9月末時点で18,658円となっています。

直近一年はベトナムの株式市場が調整となったことで大きく基準価格を下げています。

 

また、以下はベトナム株式ファンドのトータルリターンです。

 

ベトナム株式ファンドのトータルリターン

 

直近1年は▲11.12%とベトナム株のバブルからの下落によって大きなマイナスとなっています。

以下はベトナムの代表的な指数であるVN指数の値動きですが2018年前半から大きく下落しています。

 

ベトナムの代表的な指数であるVN指数の値動き

 

5年スパンでみても平均3.07%と新興国にしては低いリターンと言わざるを得ませんね。

 

ただ他のベトナム関連投信の平均的な5年年率リターンが▲1.96%であることを考えると、

ベトナム株式ファンドは同分類の投信に比べると優秀ですね。

 

もう少し詳しく他のベトナムの投資信託との比較をみていきましょう。

 

他のベトナム株投資信託との比較

以下ではCAMベトナムファンドとベトナム成長株インカムファンドと比較しています。

トータルリターンと標準偏差をみていきましょう。基本的には3年(年率)を比較したいところですがそれぞれ高い利回りを誇っていますね。

 

他のベトナム株投資信託との比較

 

上記3銘柄の内、ベトナム株式ファンドは3位となります。

特に直近1年間の下落幅はCAMベトナムファンドとベトナム成長株インカムファンドに大きく劣後しています。

 

標準偏差とは投資の世界ではリスクとして認識され、価格変動のブレ幅ということを意味しています。

標準偏差は上記3銘柄では大きな違いはありません。

しかしいずれのファンドも価格変動のブレは少し気になるところです。

 

高い手数料

 

最後にベトナム株式ファンドの手数料を確認しておきましょう。

ベトナム株式ファンドの購入手数料は3.24%(税抜3.0%)となります。

信託報酬は年率で1.9224%(税抜1.78%)です。

 

一般的なアクティブ型の日本国内投資信託(年率1.53%)よりも高い水準にありますね。

ベトナム株式ファンドは運用成績が良好ですが、

もし運用成績がよくなければ、あまり納得のいかない料金設定ですよね。

 

まとめ

ベトナム株式ファンドは株価上昇が期待されるベトナム株を厳選して、

綿密な調査の上、マザーファンドを通じて投資運用するベトナム株の「プロ」として一般投資家を集めて運用しています。

 

ベトナム株自体が2018年から不調に陥っていることもあり運用成績は芳しくありません。

市況要因ということもありますが他のベトナム株の投資信託に比べても劣後した成績となってしまっています。

 

更に高い手数料が発生しており投資適格であるということはできません。

 

引き続き「ベトナム株式市場自体」が既に過熱気味で割高水準となっています。

新興国株式に投資をするのであれば更によい選択肢もありますので以下ランキングを参考にしていただけばと思います。

【2020年】おすすめ投資先ランキング

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2020年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

 

 

-ベトナム投信・etf

Copyright© 〜新興国株式投資戦略〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.